フライ(にくまん)

フライ(にくまん)は南千住周辺のみのローカルのおでん種で、魚のすり身に衣をつけて揚げたもの。
見た目はカツフライそのものだ。おでんに入れる場合は最後に投入し、温める程度でよい。衣が汁を吸ってふわふわになるのを見計らって、好みのタイミングで食べるのがセオリーだ。
味は魚の練り物に近いが、おでん汁を吸った衣の食感が面白い。

フライ(にくまん)の歴史は荒川区のジョイフル三ノ輪にあった神崎屋というおでん種やさんが発祥といわれている。足立区の西新井が発祥といわれるローカルフード、文化フライ(小麦粉とガムシロを練り合わせたものに衣をつけて揚げ、ソースをかけたもの)を真似て作ったそうで、肉が不足していた戦後復興期に子どもを中心に人気を博したそうだ。子どもたちがフライを「にくまん」というあだ名で呼んでいたことにより、その名称が定着したといわれている。神崎屋は店主が体調を崩し、後継者もいなかったことからすでに閉業しているが、いくつかのお店にフライ(にくまん)の作り方を教えていたそうだ。丸石蒲鉾店や北千住のマルイシ増英、南千住の蕎麦屋いし井などが扱っているが、今では希少なおでん種になっている。

フライ(にくまん)をあつかう3店舗を実際にまわって食した詳細なレポート「南千住地域限定のおでん種、フライ(にくまん)」があるので、詳しくはそちらをご覧いただきたい。

いし井のにくまん

いし井(荒川区荒川二丁目)のおでん種:にくまん

いし井(荒川区荒川二丁目) おでん種:にくまん

丸石蒲鉾店のフライ(にくまん)

丸石蒲鉾店(荒川区荒川二丁目)のおでん種:フライ(にくまん)

丸石蒲鉾店荒川区荒川二丁目) おでん種:フライ(にくまん)

マルイシ増英のフライ揚げ

マルイシ増英(足立区 北千住)おでん種:フライ揚げ

マルイシ増英(足立区 北千住)おでん種:フライ揚げ

マルイシ増英足立区北千住) おでん種:フライ揚げ