ぎんなん巻き

ぎんなん巻きは銀杏を魚のすり身で巻いたおでん種。銀杏の苦味と練り物の甘みが組み合わさって非常に美味しい。秋冬の限定商品である場合が多い。

八幡屋のぎんなん巻

八幡屋のぎんなん巻は銀杏をあらかじめ揚げてある。揚げることで銀杏の風味が衣に閉じ込められて、独特の旨味を楽しめる。

八幡屋(墨田区 東向島)おでん種:ぎんなん巻

東京都墨田区東向島 大正通り商明会:八幡屋のおでん種 ぎんなん巻

八幡屋墨田区東向島) おでん種:ぎんなん巻

佃忠(池袋)のぎんなん巻

佃忠(池袋)のぎんなん巻は魚のすり身に銀杏が3つほど入っており、粒は大きめ。独特の苦味が大人の舌を満足させる。

佃忠(豊島区 西武池袋本店)おでん種:ぎんなん巻

東京都豊島区池袋 西武池袋本店:佃忠(池袋)のおでん種 ぎんなん巻

佃忠(池袋)豊島区西武池袋本店)おでん種:ぎんなん巻

増田屋(立石)のギンナン巻

増田屋(立石)のギンナン巻に入っている銀杏は、店主が殻と皮をひとつひとつ丁寧に剥いたものだ。水煮のものとは異なり、しっかりと香りが残っている。

増田屋(葛飾区立石)のおでん種:ギンナン巻

東京都葛飾区東立石:増田屋(立石)のおでん種 ギンナン巻

増田屋(立石)葛飾区 立石) おでん種:ギンナン巻

増田屋蒲鉾店(京成小岩)のぎんなん

増田屋蒲鉾店(京成小岩)のぎんなんは串に刺した銀杏を魚のすり身でくるんでいる。銀杏はほくほくとした食感で、魚のすり身と相まってまろやかな味になっている。

増田屋蒲鉾店(葛飾区 鎌倉) おでん種:ぎんなん

東京都葛飾区鎌倉 千代田通商店街:増田屋蒲鉾店のおでん種 ぎんなん

増田屋蒲鉾店(京成小岩)葛飾区京成小岩)おでん種:ぎんなん

愛川屋蒲鉾店(糀谷)のぎんなん巻

愛川屋蒲鉾店(糀谷)のぎんなん巻は魚のすり身を薄めに巻いてあり、銀杏の美味しさが強調されている。

愛川屋蒲鉾店(大田区 糀谷) おでん種:ぎんなん巻

愛川屋蒲鉾店(大田区 糀谷) おでん種:ぎんなん巻

愛川屋蒲鉾店大田区糀谷) おでん種:ぎんなん巻

大清かまぼこ店のぎんなん巻

大清かまぼこ店(西東京市 ひばりが丘) おでん種:ぎんなん巻

大清かまぼこ店西東京市ひばりが丘) のおでん種:ぎんなん巻

丸佐かまぼこ店(荏原中延)のぎんなん

丸佐かまぼこ店(品川区 荏原中延) おでん種:ぎんなん

丸佐かまぼこ店(荏原中延)品川区荏原中延) おでん種:ぎんなん