桧山水産のおつまみ用揚げ蒲鉾

江戸川区中央にあるおでん種専門店、桧山水産は通常のおでん種だけでなく、おつまみ感覚で食べられる揚げ蒲鉾の種類が豊富だ。今回は、桧山水産の揚げ蒲鉾の魅力に迫ってみたい。

桧山水産(江戸川区中央)のおでん種(おつまみ揚げ)

ここ1ヶ月、東京おでんだねはあたたかいおでんから、冷たいおでん種の楽しみ方にシフトしている。おでん用の揚げ蒲鉾を冷たくして食べても美味しいのだが、せっかくならおつまみ用の揚げ蒲鉾を突き詰めたい。そんなことを考えているうちに、江戸川区中央にある桧山水産を思い出した。

おつまみ用の揚げ蒲鉾が豊富な桧山水産

桧山水産はおでん用の揚げ蒲鉾も美味しいのだが、特筆すべきはおつまみ用揚げ蒲鉾の種類の豊富さだ。

桧山水産(江戸川区中央)

以前に訪れたのは2年ほど前の2018年10月。東京おでんだねの活動を始めたばかりの頃で、当時の記事はとてもぎこちない。きちんと紹介しきれなかったこともあるので、今回詳しく伝えられたらと思う。

桧山水産(江戸川区中央)

桧山水産は江戸川区の真ん中あたりに位置しており、最寄り駅が少し遠いのでバスでアクセスするといいだろう。ニコニコ商店街という可愛らしい名前の商店街にお店を構え、地元客で賑わっている。ウェブサイトで通信販売をしているので、自宅から遠い場合はそこでオーダーするといい。

桧山水産(江戸川区中央)

お店の右半分のショーケースには揚げ蒲鉾のおでん種がずらりと並ぶ。お皿に乗っているのはおつまみ用、木の札が掲げられているのがおでん用だ。おつまみ用の種類が豊富なので、どれにしようかと目移りしてしまう。

訪れたときは12種類のおつまみ用揚げ蒲鉾が並んでいた。一皿いくらと書いてあるが、1個から販売しているためいろいろな味が楽しめる。とくに注目すべきは「エドモンジャー」という揚げかまぼこで、江戸川区のご当地ヒーロー「エドレンジャー」をもじったものだ。さまざまな野菜(玉ねぎ、生姜、もやし、小松菜)が入った人気商品だが、具材のひとつである小松菜が不足していたので販売していなかった。江戸川区といえば小松菜なのだが、長梅雨の影響なのか今年は手に入りにくいようだ。

桧山水産(江戸川区中央)

揚げ蒲鉾の他には魚のすじ(銚子の糸川商店)や焼きちくわ(青森のイゲタ沼田竹輪工場)、はんぺん(銚子の嘉平屋)、こんにゃくやちくわぶ (墨田区の関根食品)などのおでん種が揃う。また、おでん汁はチヨダのものを取り扱っている。

桧山水産(江戸川区中央)

おでん種以外のお惣菜も充実している。魚のお惣菜が中心だが、コロッケや切り干し大根なども揃う。田舎煮にちくわぶが入っているのがちくわぶ好きとしてはポイントが高い。

桧山水産(江戸川区中央)

桧山水産は昭和34年(1959年)に創業、元々は東小岩にあった同名の檜山水産食品(東京都葛飾区東新小岩5-18-7、閉業)から枝分かれした。また、檜山水産食品からほど近い場所にもう1店舗、別の桧山水産(東京都葛飾区東新小岩7-30)がある。ちなみに檜山水産食品の跡地は「檜山マンション」という名の建物になっている。
現在は初代から二代目に引き継がれ、こだわりのおでん種を作り続けている。すり身は北海道網走から取り寄せたスケソウダラとイトヨリダイを使い、国産の無添加の塩を加えて4時間練り続けるそうだ。

今回はお忙しい中、二代目店主が作業の手を止めてお話を聞かせてくれた。真面目ながらも柔和な物腰の方で、取材が終わって筆者が信号を渡ったにもかかわらず「暑いでしょう」とラムネを1本ご馳走していただいた。お店が掲載された「東京 わざわざ行きたい地元の揚げもの屋さん」(ジー・ビー編集部著)という書籍を開いて見せてくださったり、お店の歴史をお話しいただいたりと、本当によくしてくださった。

色とりどり、桧山水産のおつまみ用揚げ蒲鉾

今回購入したおつまみ用の揚げ蒲鉾は以下の通り。7種類の彩り鮮やかなものが集まった。

桧山水産(江戸川区中央)のおでん種(おつまみ揚げ)

時計回りに12時から、いんげんあげ、野菜つまみあげ、カレーだんご、たまねぎボール、エビネギボール、げそあげ、しそ巻(中央)。

桧山水産(江戸川区中央)のおでん種(おつまみ揚げ)

今回は冷たいままでいただこうと思うので、さっと油抜きをして(しなくてもじゅうぶん美味しい)、刻んだ九条ネギ、ミョウガ、大葉を添えた。醤油などは好みでつけてもいいし、そのままでもいい。揚げ蒲鉾それぞれが美しく、食卓が華やいだ雰囲気になる。

桧山水産(江戸川区中央)のおでん種:いんげんあげ

いんげんあげはインゲンのサクサクとした食感と瑞々しさが際立つ。ひと口サイズで食べやすい。

桧山水産(江戸川区中央)のおでん種:野菜つまみあげ

野菜つまみあげは人参、ネギ、紅生姜、玉ねぎなどが入っている。さまざまな野菜の甘みが混じり合い、すり身の味を引き立てている。

桧山水産(江戸川区中央)のおでん種:カレーだんご

カレーだんごはネギと玉ねぎが入っている。玉ねぎがほどよい大きさで、噛むと甘みと味の深みがじんわりと広がる。

桧山水産(江戸川区中央)のおでん種:たまねぎボール

たまねぎボールはカレーだんごの玉ねぎと同様に絶妙な大きさに刻まれていて、玉ねぎの自然な甘みと旨味を堪能できる。

桧山水産(江戸川区中央)のおでん種:エビネギボール

エビネギボールは桜エビとネギが入っている。桜エビのほのかな香りが心地よい。ネギの香りも全体の味の輪郭を際立たせ、上品なものにしている。

桧山水産(江戸川区中央)のおでん種:げそあげ

げそあげはイカゲソの旨味と食感が残るように計算された大きさに刻んである。イカ好きには癖になる美味しさで、何個でも食べられそうだ。

桧山水産(江戸川区中央)のおでん種:しそ巻

しそ巻は小さいながらもきちんと「の」の字に巻かれている。ふわっと鼻に抜けるシソの香りが爽やかだ。

桧山水産では新型コロナウイルス対策としてビニールシートをかけ、マスクやフェイスシールドをつけて対応していた。客足の影響は多少はあったようだが、地元のお客さんが支えてくれているという。東京おでんだねの筆者は江戸川区民ではないが、二代目店主やおかみさんの優しい人情に触れたいので、あたたかいおでん用の種を購入するためにふたたび足を運びたいと思う。新型コロナのために外出に慎重を期す場合は、ウェブサイトで通販ができるのでそちらをぜひ利用してほしい。

桧山水産の基本情報

桧山水産
〒132-0021 東京都江戸川区中央2-14-10
03-3652-2437
定休日:水
営業時間:10:00〜19:00
桧山水産のウェブサイト

Scroll to top