東京おでん種カタログ

おでん種や具、練り物は地方やお店によってさまざまな種類がある。さらに同じ種類でも、おでん種やさんによって形状や色、味付けや名前が異なっている。
東京おでんだね」では東京各地のおでん種やさんや練り物屋さん、蒲鉾店へ実際に訪問し、おでんを味わっている。個性あるおでん種をひとつずつ紹介しよう。

|わ

えびすや蒲鉾店(板橋区 蓮根) おでん種:青とうがらし天

青とうがらし天
青とうがらし天は青唐辛子のほかにもやしが入っている。通常の赤唐辛子とは異なるツンとした香りが清々しい。

後藤蒲鉾店(品川区 戸越)おでん種:赤七味さつま揚げ

赤七味さつま揚げ
赤七味さつま揚げは見た目も真っ赤で辛党好きにはおすすめのおでん種。後藤蒲鉾店オリジナルのおでん種。

蒲清(江戸川区 南小岩)おでん種:あげだし

あげだし
あげだしは名前と見た目で豆腐のように思えるが、ふわっと軽い魚のすり身の印象だ。さまざまな種類の具材が練りこまれている。

大清かまぼこ店(西東京市 ひばりが丘) おでん種:揚ボール

揚げボール
揚げボールはボールの別名称でもあり、派生系とも言えるおでん種。

愛川屋蒲鉾店(大田区 糀谷) おでん種:あさり天

あさり天
あさり天は魚のすり身にあさりを混ぜたおでん種。あさりの練り物は珍しいが、意外と東京の各地のおでん種やさんで扱っている。

太洋かまぼこ店(板橋区 中板橋) おでん種:あさりねぎ揚げ

あさりねぎ揚げ
あさりねぎ揚げは、太洋かまぼこ店オリジナルのおでん種。魚のすり身にあさりとネギが練りこまれている。

お豆腐屋りせん(目黒区目黒本町):おとうふ揚げ

厚揚げ
厚揚げは豆腐を厚めに切り油で揚げたもの。中身は豆腐の生の状態なので生揚げとも言われる。

〇佐かまぼこ店(杉並区 堀ノ内)おでん種:いかえび入り

いかえび入り
いかえび入りはその名のごとくイカと桜エビがたくさん入っている。とりわけ桜エビの風味がよく、きめ細やかな魚のすり身とよく合う。

増田屋蒲鉾店(葛飾区 鎌倉) おでん種:いか七味

いか七味
いか七味は練り込まれたイカは七味との相性がばっちりで、辛党におすすめの一品。

丸石蒲鉾店(荒川区荒川二丁目)のおでん種:いか天

イカ天
イカ天は、魚のすり身にイカを混ぜて平たく揚げたおでん種。おでん種やさんごとにさまざまなバリエーションがある。

丸健水産(北区) おでん種:錦揚げ(イカ)

イカボール
ひとくち大のボール状のすり身の練り物に、細かく切ったイカを混ぜたもの。ほんのりとイカの風味を漂わせつつ、ボール状で食べやすくなっている。

八幡屋(墨田区 東向島)おでん種:いか巻

イカ巻き
イカ巻きは千切りした棒状のイカを練り物で巻いたおでん種。ごぼう巻き同様に、練り物のおでん種の中でもっともポピュラーな存在だ。

九州屋蒲鉾店(荒川区 東尾久)おでん種:イナリ詰

イナリ詰
イナリ詰ははんぺんのようにふわっとしたすり身で、おそらく豆腐など混ぜ込んだものだろうか。チーズが入っていて、子どもが喜ぶやさしい味わいだ。

佃忠(豊島区 西武池袋本店)おでん種:彩り野菜揚

彩り野菜揚
彩り野菜揚はパプリカ、ズッキーニ、エリンギが入った佃忠(池袋)オリジナルのおでん種。

大国屋(渋谷区 幡ヶ谷)おでん種:イワシ揚

イワシ揚
イワシ揚はイワシを前面に押し出した通好みのおでん種。すり身に使う魚の割合として、イワシを多くして風味を出している。

蒲重蒲鉾店(杉並区阿佐谷南) おでん種:いわし玉

いわし玉
いわし玉はイワシのつみれに野菜などを加え、団子状にしたおでん種。

おがわ屋(世田谷区 松陰神社前)おでん種:いんげん天

いんげん天
いんげん天はいんげんが入ったおでん種。サクサクと心地よい歯ざわりに加え、風味豊かないんげん独特の苦味がこのうえなく美味しい。

九州屋蒲鉾店(荒川区 東尾久)おでん種:ウィンナー

ウインナー
ウインナーは羊の腸に詰めたもので、20ミリ以下の太さのもの。

増英蒲鉾店(江東区北砂)おでん種:ウインナー巻

ウインナー巻き
ウインナー巻きは赤ウインナー(ソーセージ)を魚のすり身で巻いたおでん種。巻き物系の定番で、子どもに人気のおでん種だ。

九州屋蒲鉾店(荒川区 東尾久)おでん種:うずら卵

うずら
おでんにおけるうずらはうずら巻が有名だが、店頭で調理するできたておでんではうずらのみを串に刺して提供することが多い。

佃忠かまぼこ店(北区 田端)おでん種:うずら巻

うずら巻き(巣ごもり)
うずら巻きは、うずらのゆで卵をすり身の練り物で包んだおでん種。

マルイシ増英(足立区 北千住)おでん種:枝豆ちぎり

枝豆ちぎり
「ちぎり」とは、魚のすり身を小さくつまんで揚げたおでん種。たまねぎちぎりは具材に枝豆を混ぜたもの。

愛川屋蒲鉾店(大田区 糀谷) おでん種:えだ豆天

枝豆天
枝豆天は魚のすり身に枝豆を練り混ぜたおでん種。枝豆の色艶が美しく、豆の風味が魚のすり身によく合う。

栄屋蒲鉾店(文京区 大塚)おでん種:えだ豆コーン揚

えだ豆コーン揚
えだ豆コーン揚は魚のすり身に枝豆とコーンを混ぜ合わせたおでん種。一般的に枝豆とコーンは別々の種として用いられるので珍しい。

神茂(中央区日本橋)のおでん種:海老しんじょ

海老真丈
海老真丈は魚のすり身に山芋や卵白などを混ぜたものに、海老を加えたもの。真丈は真薯、真蒸などとも表記される。

桧山水産(葛飾区 東新小岩) おでん種:えび玉ねぎ

えび玉ねぎ
えび玉ねぎは桧山水産(東新小岩)のオリジナルのおでん種で、玉ねぎの甘みが効いている。

や亀や(世田谷区世田谷)おでん種:海老のり

海老のり
海老のりは魚のすり身に干し海老と海苔を混ぜたや亀やオリジナルのおでん種。

増田屋蒲鉾店(葛飾区 鎌倉) おでん種:えび団子

えびボール
えびボールは魚のすり身に桜エビやむきエビが入った団子状のおでん種。お店によって具材や名称が異なる。

福島屋(港区 麻布十番)おでん種:えび天

えび天
えび天は魚のすり身に桜エビが入ったおでん種。ほのかな桜色の色味がとても華やか。

大清かまぼこ店(西東京市 ひばりが丘) おでん種:えび巻

えび巻き
えび巻きはエビ一尾を練り物で巻いたおでん種。巻き物系のおでん種の定番でもある。

美好商店(江東区 三好) おでん種:黄金揚げ

黄金揚げ
黄金揚げは美好商店オリジナルのおでん種。カレー風味で、玉ねぎと人参、刻んだウインナーが入っている。

九州屋蒲鉾店(荒川区 東尾久)おでん種:大判揚

大判揚
大判揚は魚のすり身以外になにも入っていないプレーンなおでん種。名前のとおり大きいので、半分に切って食べるとよい。

武田惣菜店(世田谷区尾山台) おでん種:お好み揚

お好み揚
お好み揚はお好み焼きのようにさまざまな具材が入ったおでん種。店によってさまざまなバリエーションがある。

増田屋蒲鉾店(葛飾区 鎌倉) おでん種:おつまみ揚(ひじき)

おつまみ揚
おつまみ揚はおでん種としてだけではなく、お酒のお供にそのまま食べても楽しめるようにさまざまな具材が入った揚げ蒲鉾。おでん種やさんによってさまざまな種類がある。

や亀や(世田谷区世田谷)のおでん種:おつまみゲソ

おつまみゲソ
や亀やオリジナルのおつまみゲソはイカのゲソを2本以上使ったおでん種。

福島屋(港区 麻布十番)おでん種:

かおり揚
かおり揚は魚のすり身にごぼうと人参が入ったおでん種。ごぼうの渋みのある深い味わいと人参の爽やかな香りと甘みが絡み合う王道の美味しさ。

蒲重蒲鉾店(杉並区阿佐谷南) おでん種:かき揚

かき揚げ
かき揚げは天ぷらのかき揚げに見立てたおでん種。おでん種やさん毎にさまざまなバリエーションがある。

後藤蒲鉾店(品川区 戸越)おでん種:カニチーズいなり

カニチーズいなり
とってもソフトな食感で、ふっくらとしたカニと濃厚なチーズの味がさらに柔らかな印象を醸してくれる。

大国屋(渋谷区 幡ヶ谷)おでん種:かぼちゃ揚げ

かぼちゃ揚げ
かぼちゃ揚げはカボチャが入った珍しい変わり種。溢れんばかりに練りこまれたカボチャの味わいがとても甘く、すり身の塩気とよく合う。

神茂(中央区日本橋)おでん種:上揚やさい

上揚やさい
上揚やさいは神茂のおでん種で、細かく刻んだ人参、インゲン、キクラゲが入っている。

愛川屋蒲鉾店(大田区 糀谷) おでん種:からあげ

からあげ
からあげはイカのゲソに唐辛子をまぶして揚げた糀谷にある愛川屋蒲鉾店オリジナルのおでん種。

佃忠蒲鉾店(墨田区 向島) おでん種:からしあげ

からしあげ
からしあげは唐辛子の辛味をメインにしたおでん種であり、名称は異なるが各おでん種やさんで似たようなコンセプトのものが作られている。

よね屋(世田谷区 世田谷) さつま揚げ:カルボナーラ風

カルボナーラ風
カルボナーラ風はよね屋オリジナルのおでん種。刻んだベーコンとチーズが入っていて西洋風な味わい。

増田屋蒲鉾店(葛飾区 鎌倉) おでん種:カレーボール

カレーボール
東京下町のおでん種の定番、カレーボール。ひとくち大のボール状の練り物にカレー粉が入っている。

〇佐かまぼこ店(杉並区 堀ノ内)おでん種:五目がんも

がんもどき
がんもどきは潰した豆腐に歯ごたえのある野菜を混ぜて油で揚げたもの。円盤状の形をしている。おでん以外にも煮物に入れたり、単体でも主役となり得る。

神茂(中央区日本橋)のおでん種:大判きくらげ天

きくらげ天
きくらげ天は魚のすり身にきくらげを混ぜたおでん種。おでん種やさんでバリエーションがある。

柳屋蒲鉾店(目黒区目黒本町)のおでん種:きのこ揚

きのこ揚
きのこ揚はきくらげと椎茸の食感が混ざり合い、香りもふわっと広がって美味しい。

佃忠(豊島区 西武池袋本店)おでん種:きゃべつ揚

きゃべつ揚
きゃべつ揚はおでん種にはめずらしく、キャベツをメインの具材としたおでん種。キャベツのほかに具材を混ぜ合わせ味を整えている。

佃忠蒲鉾店(墨田区 向島) おでん種:牛すじ

牛すじ
牛すじは牛のすじ肉を串に刺した関西定番のおでん種。関東で「すじ」といえばサメのすり身を使ったものを指すが、最近では牛すじのほうが一般的になった。

丸健水産(北区) おでん種:ギョーザ巻

餃子巻き
すり身の練り物に餃子が丸ごと1個入ったおでん種。発祥は博多や福岡、東京ともいわれている。

大清かまぼこ店(西東京市 ひばりが丘) おでん種:ぎんなん巻

ぎんなん巻き
ぎんなん巻きは銀杏を魚のすり身で巻いたおでん種。銀杏の苦味と練り物の甘みが組み合わさって非常に美味しい。

や亀や(世田谷区世田谷)おでん種:九条ねぎ

九条ねぎ
九条ねぎはおでん種には珍しい魚のすり身に九条ねぎを混ぜ込んだや亀やオリジナルのおでん種。

後藤蒲鉾店(品川区 戸越)おでん種:黒胡椒さつま揚げ

黒胡椒さつま揚げ
黒胡椒さつま揚げは魚のすり身に黒胡椒をまぶしたおでん種。粒々の黒胡椒を噛むごとで生まれる辛味は、唐辛子とは違った渋い大人の刺激だ。

〇佐かまぼこ店(杉並区 堀ノ内)おでん種:げそ巻き

げそ巻き
げそ巻きはイカのゲソに魚のすり身を巻いた定番のおでん種。ごぼう巻きと共にお酒を愛する大人に人気が高い。

大清かまぼこ店(西東京市 ひばりが丘) おでん種:紅白だんご

紅白だんご
紅白だんごは団子状の蒲鉾を串に刺したおでん種。紅白の色がおでんを華やかに演出する。

大国屋(渋谷区 幡ヶ谷)おでん種:五色揚げ

五色揚げ
五色揚げは五目揚げの別名で、魚のすり身に野菜を中心としたさまざまな具材が入ったおでん種。

八幡屋(墨田区 東向島)おでん種:木の葉揚

木の葉揚
木の葉揚は木の葉の形に魚のすり身を成形して揚げたおでん種。混ぜ込む具材はおでん種専門店ごとに異なる。

蒲清(江戸川区 南小岩)おでん種:小柱巻

小柱巻
小柱巻は小柱が入ったおでん種。小柱はバカガイの貝柱のこと。小柱の貝の旨味と練り物が優しく融合していて、とても美味しい。

大国屋(渋谷区 幡ヶ谷)おでん種:小判揚げ

小判揚げ
小判揚げは小判の形に見立てて魚のすり身を平たく揚げたおでん種。

〇佐かまぼこ店(杉並区 堀ノ内)おでん種:ごぼう揚げ

ごぼう天
すり身の練り物にささがきしたごぼうを混ぜて平たく揚げたおでん種。

大国屋(渋谷区 幡ヶ谷)おでん種:ごぼう巻

ごぼう巻き
ごぼう巻きは千切りした棒状のごぼうを練り物で巻いたおでん種。練り物のおでん種の中でもっともポピュラーな存在だ。

や亀や(世田谷区世田谷)のおでん種:胡麻しいたけ

胡麻しいたけ
や亀やオリジナルの胡麻しいたけは、黒ごまに刻んだ椎茸が入ったおでん種。

や亀や(世田谷区世田谷)のおでん種:ごま三つ葉

ごま三つ葉
おでん種に三つ葉というチョイスは珍しいが、日本の香味野菜として不可欠な存在だけに日本を代表する鍋料理のおでんにもよくマッチする。

おでん専門店大阪屋(荒川区小台) おでん種:五目揚げ

五目揚
五目揚は数種類の具材が魚のすり身に入ったおでん種。具材は野菜であることが多い。

〇佐かまぼこ店(杉並区 堀ノ内)おでん種:五目がんも

五目がんも
五目がんもは通常のがんもどきよりも多くの具材を詰め込んだ贅沢なおでん種。

佃忠蒲鉾店(墨田区 向島) おでん種:コーンあげ

コーン揚
コーン揚は魚のすり身にコーンの粒を混ぜて揚げたおでん種。トウモロコシの甘みが強く、ツブツブの感触も面白い。

グリンリーフ(群馬県昭和村)おでん種:生いもまるごと芋こんにゃく

こんにゃく
おでん種の定番中の定番、こんにゃく。はんぺんとともに三角の形をしたおでん種の代表格だ。

蒲吉商店(板橋区 大谷口北町) おでん種:すじ

魚のすじ
魚のすじは鮫のすじや軟骨を主原料とした練り物。関西で「すじ」といえば牛すじだが、東京など関東近辺では魚のすじのことを指す。

マルイシ増英(足立区 北千住)おでん種:さつま揚げ

さつま揚げ
さつま揚げは、魚肉のすり身を揚げたものであり、いわゆるおでんの練り物はほぼ全てさつま揚げに分類される。

山王かまぼこ(大田区 山王) おでん種:さつまいも天

サツマイモ天
サツマイモ天は魚のすり身に切ったさつまいもが入った変わり種のおでん種。

八幡屋(墨田区 東向島)おでん種:山海揚

山海揚
山海揚は切り昆布とゴボウが入ったおでん種。昆布の食感の面白さとゴボウのふくよかな香りが大人の舌を楽しませてくれる。

おがわ屋(世田谷区 松陰神社前)おでん種:3色あげ

3色あげ
3色あげはおがわ屋オリジナルのおでん種。タケノコ、三つ葉、椎茸が入っている。タケノコのおでん種は珍しいが、風味と食感がよいアクセントになっている。

神茂(中央区日本橋)のおでん種:三色こんにゃく(一味唐辛子)

三色こんにゃく
三色こんにゃくは神茂(かんも)のオリジナルのおでん種。赤は一味唐辛子、白はプレーン、緑は青のり味。

〇佐かまぼこ店(杉並区 堀ノ内)おでん種:しいたけ揚げ

しいたけ天
しいたけ天は魚のすり身に椎茸が入ったおでん種。椎茸の他にキクラゲなどのキノコやその他の野菜が入っているものも多い。

増田屋蒲鉾店(葛飾区 鎌倉) おでん種:しいたけ肉づめ

しいたけ肉づめ
しいたけ肉づめはすり身が埋め込まれた通常のしいたけ天と異なり、挽肉を埋め込んでいる。

梅屋蒲鉾店(八王子市長房町)のおでん種:しし唐巻き

ししとう巻き
ししとう巻きはししとうを魚のすり身で巻いたおでん種。まろやかなすり身の味わいと、深いししとうの香りがベストマッチの変わり種だ。

福島屋(港区 麻布十番)おでん種:しそ天

しそ天
しそ天は魚のすり身に青じそを巻いたおでん種。俵形のしそ巻きとは異なり、平らな形状をしている。

大清かまぼこ店(西東京市 ひばりが丘) おでん種:しそ巻

しそ巻き
しそ巻きは魚のすり身でしそを包んだおでん種。しその香りが口の中に広がり、非常に爽やか。

や亀や(世田谷区世田谷)のおでん種:しそみょうが

しそみょうが
紫蘇と茗荷という香り高い具材をふたつも用いることにより、大人の舌を納得させる爽やかな風味を楽しめる。

九州屋蒲鉾店(荒川区 東尾久)おでん種:じゃがいも

じゃがいも
じゃがいもは近畿地方や中国地方、四国の北側、関東地方で親しまれるおでん種。ほくほく、ねっとりなど、品種によって食感や味が変わるのが面白い。

山王かまぼこ(大田区 山王) おでん種:じゃがいも天

ジャガイモ天
ジャガイモ天は魚のすり身に切ったジャガイモが入った変わり種のおでん種。

おでん専門店大阪屋(荒川区小台) おでん種:シューマイ巻き

焼売巻き
焼売巻きはすり身の練り物に焼売が丸ごと1個入ったおでん種。

太洋かまぼこ店(板橋区 中板橋) おでん種:春菊とにんじん

春菊とにんじん
春菊とにんじんは、太洋かまぼこ店オリジナルのおでん種。色鮮やかな春菊とにんじんを魚のすり身の中に混ぜたこだわりの練り物。

おがわ屋(世田谷区 松陰神社前)おでん種:松陰ジンジャー

松陰ジンジャー
おがわ屋の名物である松陰ジンジャーは、紅生姜、長ネギ、人参、もやし、小松菜の5種類が入った贅沢な逸品。

丸健水産(北区) おでん種:生姜天

しょうが天
すり身の練り物に紅生姜を混ぜて平たく揚げたおでん種。華やかな色が乏しいおでんの中に入れると、紅色がなんとも美しい。

〇佐かまぼこ店(杉並区 堀ノ内)おでん種:しらたき

しらたき(白滝)
糸状のこんにゃくで、おでん種では崩れないように中央でくるっと巻いてある。関西では「糸こんにゃく」という名が一般的。

増田屋蒲鉾店(葛飾区 鎌倉) おでん種:白つみれ

白つみれ
白身魚を使った白つみれは優しい味わいで、ふわふわとした蒲鉾のような味がする。

蒲吉商店(板橋区 大谷口北町) おでん種:末広揚

末広揚
末広揚は蒲吉商店のオリジナルのおでん種。魚のすり身にニンジンの千切りなどの野菜を加え、扇の形に揚げたもの。

大国屋(墨田区 京島) おでん種:スカイツリー

スカイツリー
スカイツリーは大国屋(京島)のオリジナルのおでん種。墨田区のランドマークであるスカイツリーの形をしていてとても愛嬌がある。

佃忠かまぼこ店(北区 田端)おでん種:すき焼袋

すき焼袋
すき焼袋は油揚げに甘く煮た牛肉や玉ねぎが入ったすき焼き風の袋詰。

おでん専門店大阪屋(荒川区小台) おでん種:すじボール

すじボール
すじボールは魚のすじをボール状にしたおでん種。ボール状にすることで型崩れせず味が濃縮されたような印象になる。

丸健水産(北区) おでん種:スタミナ揚げ

スタミナ揚げ
スタミナ揚げは、ニラやもやしなど元気の出そうな具材が複数入ったおでん種。

桧山水産(葛飾区 東新小岩) おでん種:スタミナ天

スタミナ天
スタミナ天は桧山水産(東新小岩)のオリジナルのおでん種で、もやしや黒ごま、人参、ニラが入っている。

マルイシ増英(足立区 北千住)おでん種:千住揚げ

千住揚げ
千住揚げはアサリと長ねぎ、一味が入ったマルイシ増英の看板商品。

増田屋(葛飾区立石)のおでん種:大根

大根
今も昔も大根はおでん種の王様である。厚く輪切りされた大根におでん汁が染み込み、うっすら飴色に輝く姿は神々しささえ感じる。

〇佐かまぼこ店(杉並区 堀ノ内)おでん種:たけのこ入り

たけのこ入り
たけのこ入りはメインのタケノコのほかに、桜海老、ごぼう、人参などが入っていて、唐辛子がアクセントとなっている。

丸忠かまぼこ店(葛飾区 立石) おでん種:タコ

タコ
タコは関西地方で一般的なおでん種。東京のおでん種専門店では店頭で販売するできたておでんで提供されることが多い。

太洋かまぼこ店(板橋区 中板橋) おでん種:たこ天

たこ天
たこ天は、魚のすり身にタコの切り身が入ったおでん種。タコの他に野菜の具材を入れるなどお店によってバリエーションがある。

おがわ屋(世田谷区 松陰神社前)おでん種:たこ坊

たこ坊
たこ坊はおがわ屋オリジナルのおでん種。別名「たこやき風」というだけあって、大きなタコが入っている。

増田屋蒲鉾店(葛飾区 堀切)おでん種:たこぼうる

たこボール
たこボールはボール状の魚のすり身にタコや紅生姜、野菜が入ってたおでん種。おでん種やさんによってレシピや名称が異なる。

おでん種:玉子

玉子
玉子(鶏卵)は好きなおでん種ランキングでいつも上位に入る人気者だ。定番は完熟に煮たものだが、最近は半熟玉子に人気が集まっている。

柳屋蒲鉾店(目黒区目黒本町)のおでん種:玉子巻

玉子巻(バクダン)
玉子巻(バクダン)は鶏の玉子が丸ごとすり身に入ったおでん種。

大国屋(渋谷区 幡ヶ谷)おでん種:玉葱揚げ

玉ねぎ揚げ
玉ねぎ揚げは魚のすり身に刻んだ玉ねぎを混ぜ込んだおでん種。

蒲吉商店(板橋区 大谷口北町) おでん種:玉ねぎかき揚

玉ねぎかき揚
玉ねぎかき揚は蒲吉商店のオリジナルのおでん種。魚のすり身の中にタマネギが混ぜ込んである。

武田惣菜店(世田谷区尾山台) おでん種:たまねぎちぎり

たまねぎちぎり
「ちぎり」とは、魚のすり身を小さくつまんで揚げたおでん種。たまねぎちぎりは具材に玉ねぎを混ぜたもの。

増田屋(葛飾区立石)のおでん種:玉ねぎ干しエビ

玉ねぎ干しエビ
玉ねぎ干しエビは、天ぷらのかき揚げのような風合い。刻んだ玉ねぎのやさしい甘みと歯ざわりが最高だ。

増田屋蒲鉾店(葛飾区 鎌倉) おでん種:チーズ巻

チーズ巻き
チーズ巻きは棒状のチーズを練り物で巻いたおでん種。チーズはプロセスチーズを使うのが一般的で、鍋で煮るとほどよいトロトロ具合になる。

や亀や(世田谷区世田谷)のおでん種:チー玉

チー玉
女性に人気というや亀やオリジナルのチー玉は、ボール状の魚のすり身にチーズが混ぜ込んである。

桧山水産(葛飾区 東新小岩) おでん種:

ちぎり揚げひじき
ちぎり揚げひじきはひじきの他に野菜が入ったおでん種。ひじきをふんだんに使っているだけあって香りが素晴らしい。

大国屋(墨田区 京島) おでん種:ちくわぶ

ちくわぶ
ちくわぶは、小麦と水と塩を練りこんだ関東を代表するおでん種。魚肉のすり身を使うちくわとは根本的に異なり、「竹輪麩」を書くように原料的にはお麩に近い。

増英蒲鉾店(江東区北砂)のおでん種:中華揚

中華揚
中華揚は少し大きめの平たい練り物にニラやもやしが入っており、味はピリ辛の仕上げのおでん種。

増田屋かまぼこ店(足立区 綾瀬五丁目) おでん種:中華ボール

中華ボール
中華ボールは綾瀬にある増田屋かまぼこ店のオリジナルのおでん種。玉ねぎと黒胡椒を混ぜた魚のすり身をボール状にして串に刺している。

増田屋(葛飾区立石)のおでん種:中華巻

中華巻
中華巻は増田屋(立石)のオリジナルのおでん種。魚のすり身の周りにワンタンのような衣が巻かれている。

塚田水産(武蔵野市 吉祥寺) おでん種:塚田揚

塚田揚
塚田水産の店の名を冠した塚田揚は、人参、長ネギ、もやしなど野菜が盛りだくさんのおでん種だ。

えびすや蒲鉾店(板橋区 蓮根) おでん種:つくね

つくね
つくねは主に鶏肉を叩いたり挽いたりしたうえで団子状にしたもので、焼鳥のような串焼きが有名。鶏肉以外の肉でも作られ、中には魚肉で作るものもある。

蒲清(江戸川区 南小岩)おでん種:つくね巻

つくね巻
つくね巻は玉ねぎを混ぜた挽肉(つくね)に魚のすり身を巻いたもの。

九州屋蒲鉾店(荒川区 東尾久)おでん種:つぶ貝

つぶ貝
つぶ貝はもっちりと弾力のある食感が魅力だ。淡白な味わいはおでん汁によく合う。

栄屋蒲鉾店(文京区 大塚)おでん種:つまみごぼう

つまみごぼう
つまみごぼうは長い棒状のごぼうに、魚のすり身を薄くからめたおでん種。

大国屋(墨田区 京島) おでん種:つみれ

つみれ
魚肉や鶏肉などをすり身にして、団子状にした練り物。東京のおでん種やさんではイワシのつみれが一般的。

増田屋かまぼこ店(足立区 綾瀬五丁目) おでん種:とうがらし入

とうがらし入
増田屋かまぼこ店(綾瀬)のとうがらし入は刻んだイカ、玉ねぎ、にら、ひき肉、唐辛子が入った贅沢な逸品。

九州屋蒲鉾店(荒川区 東尾久)おでん種:もろこし

とうもろこし
とうもろこしは店頭で調理するできたておでんで提供されるおでん種。とうもろこしの甘味とおでん汁のしょっぱさがとてもよく合う。

佃忠(豊島区 西武池袋本店)おでん種:トマト

トマト
トマトは東京のおでん種専門店には珍しい品だ。トマトの酸味がおでん汁と溶け合ってまろやかな酸味となり、非常に美味だ。

おがわ屋(世田谷区 松陰神社前)おでん種:なす天

なす天
なす天は魚のすり身にナスが入ったおでん種。ナスのまるごとのかたちをとどめていることが多く、食べごたえのあるものが多い。

サスウ篠宮商店(静岡県 焼津)おでん種:なると巻

鳴門巻き
鳴門巻きはピンク色の「の」の字が入った蒸し蒲鉾。おでん種のほかに蕎麦やラーメンなどさまざまな料理に利用されている。

や亀や(世田谷区世田谷)のおでん種:黒なんこつ

なんこつ
なんこつは魚のすり身に肉の軟骨を混ぜたおでん種。黒胡椒と合わせることが多いが、その相性は抜群だ。お酒のおつまみに最適。

増田屋(葛飾区立石)のおでん種:肉イカ

肉イカ
ひき肉とイカが入った増田屋(立石)の肉イカは、店主イチオシのおでん種。魚のすり身を肉厚に仕上げている。

増田屋蒲鉾店(葛飾区 鎌倉) おでん種:肉ばくだん

肉ばくだん
肉ばくだんは挽肉をふんだんに使ったおでん種。ボール状にした魚のすり身の中に挽肉を詰め込んでいる。

おがわ屋(世田谷区 松陰神社前)おでん種:肉団子

肉ボール
肉ボールはボール状の魚のすり身に豚の挽肉を混ぜたおでん種。おでん専門店によってレシピが異なる。

美好商店(江東区 三好) おでん種:にくらし揚げ

にくらし揚げ
にくらし揚げは、美好商店オリジナルのおでん種。名前の由来は「憎らしいほど美味しい」から、またはニラと椎茸、キクラゲが入っているので語呂合わせなのだとか。

佃忠(豊島区 西武池袋本店)おでん種:にら揚

にら揚
にら揚はニラを主役にしたおでん種。ニラの独特の風味が効いていて美味しい。

愛川屋蒲鉾店(大田区 糀谷) おでん種:にんにく

にんにく
にんにくはボール状のすり身にニンニクを混ぜ込んだ、糀谷にある愛川屋蒲鉾店オリジナルのおでん種。

や亀や(世田谷区世田谷)のおでん種:ネギ

ネギ
や亀やオリジナルのネギは長ネギともやしが入ったボールのおでん種。長ネギの風味豊かな香りが口いっぱいに広がる通好みの逸品だ。

佃忠(豊島区 西武池袋本店)おでん種:長ねぎ揚

ねぎ天
ねぎ天は刻んだ長ネギを具材のメインにしたおでん種。長ネギ独特の芳香が漂いつつも、さっぱりとした後口だ。

蒲重蒲鉾店(杉並区阿佐谷南) おでん種:はんぺん

はんぺん
はんぺんはおでんに欠かせない種のひとつ。大根や玉子、白滝に並ぶ人気おでん種だ。しかし、その人気は地域性があり、関西以南ではあまりおでんに入れないという。

増田屋蒲鉾店(葛飾区 鎌倉) おでん種:はんぺん肉づめ

はんぺん肉づめ
はんぺん肉づめは揚げたはんぺんの間に挽肉を挟んだおでん種。挽肉は椎茸が入っていて香りがよく、はんぺんの柔らかな舌触りとあいまって、意外と上品な味だ。

や亀や(世田谷区世田谷)のおでん種:まるひじき

ひじき揚げ
ひじき揚げは魚のすり身にひじきを混ぜたおでん種。おでん種やさんによって、ひじき以外に入れる具材が異なる。

おがわ屋(世田谷区 松陰神社前)おでん種:ピリ辛あげ

ピリ辛あげ
ピリ辛あげはおがわ屋オリジナルのおでん種。魚のすり身に混ぜた唐辛子がしっかり効いている。さらに人参、長ネギやもやしなどが入っている。

大黒屋(葛飾区 柴又)おでん種:ピリカラもやし揚

ピリ辛もやし揚げ
ピリ辛もやし揚げは魚のすり身にもやしと唐辛子が入ったおでん種。もやしと唐辛子は相性がよく、各おでん種やさんで作られている。

美好商店(江東区 三好) おでん種:深川揚げ

深川揚
深川揚ははあさりが入ったおでん種。おそらくはあさりなどの貝類の丼物として有名な深川めし、深川丼をモチーフにしたものだろう。

大清かまぼこ店(西東京市 ひばりが丘) おでん種:袋詰

袋詰
袋詰は巾着の中に野菜が餅などが入ったおでん種。おでん種やさんによって具材に工夫が見られる。

や亀や(世田谷区世田谷)おでん種:ぶしたま

ぶしたま
ぶしたまは魚のすり身に鰹節と玉ねぎを混ぜたや亀やオリジナルのおでん種。鰹節の香ばしい香りと玉ねぎの甘みが口いっぱいに広がる。

蒲重蒲鉾店(杉並区阿佐谷南) おでん種:プチトマト

プチトマト
プチトマトは、魚のすり身にプチトマトを入れたおでん種。トマトの酸味と甘味が詰め込まれて爽やかな味わいが心地いい。

いし井(荒川区荒川二丁目)のおでん種:にくまん

フライ(にくまん)
フライ(にくまん)は南千住周辺のみのローカルのおでん種で、魚のすり身に衣をつけて揚げたもの。

えびすや蒲鉾店(板橋区 蓮根) おでん種:フランク

フランク
フランク(フランクフルトソーセージ)は、串ものおでん種の代表的な存在だ。肉厚でありながら、おでん汁がしっかり染み込む。

後藤蒲鉾店(品川区 戸越)おでん種:ふわふわ揚げ

ふわふわ揚げ
ふわふわ揚げは魚のすり身に豆腐を混ぜ込んであり、とってもソフトな食感だ。

増田屋(葛飾区立石)のおでん種:ベーコンポテト

ベーコンポテト
ベーコンポテトは、魚のすり身にベーコンとポテトを混ぜ込んだおでん種。変わり種ではあるが、すり身との相性がよい。

や亀や(世田谷区世田谷)のおでん種:紅

紅(べに)
や亀やオリジナルの紅(べに)は、ボール状の魚のすり身に生姜やもやし、長ネギや小松菜が入った贅沢なおでん種。

愛川屋蒲鉾店(大田区 糀谷) おでん種:ボール

ボール
おでん種の定番中の定番、ボール。魚のすり身をひと口大の団子にしたおでん種だ。具が入っていないのでシンプルにすり身の味を楽しむことができる名脇役。

神茂(中央区日本橋)おでん種:ほたて揚

ほたて揚
ホタテを贅沢に丸ごとひとつ入れた贅沢なおでん種。薄口のおでん汁で調理して、ホタテから滲み出る出汁を楽しむのもいいだろう。

九州屋蒲鉾店(荒川区 東尾久)おでん種:ほたて巻揚

ほたて巻
ほたて巻は魚のすり身でホタテを包み込んだおでん種。ホタテの甘みや旨味を閉じ込めたぜいたくな逸品だ。

山王かまぼこ(大田区 山王) おでん種:ミックス天

ミックス天
ミックス天は山王かまぼこのオリジナルのおでん種。人参やねぎなど複数種の具材が入っている。

蒲吉商店(板橋区 大谷口北町) おでん種:昆布

結び昆布
結び昆布はおでんに欠かせない定番のおでん種。昆布の出汁がおでんの味の深みを増す手助けとなる。

〇佐かまぼこ店(杉並区 堀ノ内)おでん種:もちきんちゃく

もち巾着
もち巾着は袋詰の中でもっとも有名なおでんの代表選手。油揚げの中に餅を詰め込み、干瓢で口を閉じたもの。熱々なので火傷しないように注意。

えびすや蒲鉾店(練馬区 北町一丁目) おでん種:もち巻

もち巻き
もち巻きは餅を練り物で包んだおでん種。ごぼう巻き、ウィンナー巻き、チーズ巻きに並ぶ定番の巻き系おでん種だ。

太洋かまぼこ店(板橋区 中板橋) おでん種:モッツァレラチーズ揚げ

モッツァレラチーズ揚げ
モッツァレラチーズ揚げは太洋かまぼこ店オリジナルの人気おでん種。通常チーズ巻きに使われるプロセスチーズではなく、よりとろけて風味が良いモッツァレラチーズを使用している。

蒲吉商店(板橋区 大谷口北町) おでん種:もみじ揚

もみじ揚
もみじ揚は蒲吉商店のオリジナルのおでん種。魚のすり身の中にもやしとニンジン、そして唐辛子が入ったピリ辛味。

大国屋(墨田区 京島) おでん種:もやし揚

もやし揚げ
もやし揚げは、魚のすり身にもやしを加えた練り物のおでん種。平たい形に整形されることが多い。

おがわ屋(世田谷区 松陰神社前)おでん種:もやしかきあげ

もやしかきあげ
もやしかきあげはおがわ屋オリジナルのおでん種で、その後によね屋に受け継がれている。小さな一口サイズのボール状で、もやしのシャキシャキとした食感が素晴らしい。

大清かまぼこ店(西東京市 ひばりが丘) おでん種:もやし生姜

もやし生姜
もやし生姜は大清かまぼこ店のオリジナルのおでん種。紅生姜にもやしという組み合わせが珍しい。

えびすや蒲鉾店(板橋区 蓮根) おでん種:もんごいか

もんごういか
もんごういかはたこ焼きくらいの大きさのボールにモンゴウイカが入ったおでん種。大振りのモンゴウイカの歯応えが心地よく、噛むと味が染み出して美味しい。

イゲタ沼田工場(青森県 沼田)おでん種:焼ちくわ

焼ちくわ
焼ちくわはおでんには欠かせない全国的に人気のおでん種。魚のすり身を棒に巻きつけて、蒸したり焼いたりしたもの。

武田惣菜店(世田谷区尾山台) おでん種:野菜たっぷり七味揚

野菜たっぷり七味揚
野菜たっぷり七味揚は武田惣菜店のオリジナルのおでん種。名前の通り、人参、ごぼう、もやし、にらなど野菜がたくさん入っている。

桧山水産(江戸川区中央) おでん種:野菜つまみあげ

野菜つまみあげ
野菜つまみあげは桧山水産のおつまみ用の揚げ蒲鉾。人参、ネギ、紅生姜、玉ねぎなどが入っている。

蒲吉商店(板橋区 大谷口北町) おでん種:野菜つみれ

野菜つみれ
野菜つみれは魚のすり身に野菜を混ぜたおでん種。野菜が臭みを消す効果もある。

蒲吉商店(板橋区 大谷口北町) おでん種:野菜天

野菜天
野菜天は魚のすり身に何種類かの野菜を入れて、平たく揚げたおでん種。おでん種やさんごとにオリジナリティを生かした様々なバリエーションがある。

太洋かまぼこ店(板橋区 中板橋) おでん種:やさいボール

野菜ボール
野菜ボールは、ボール状の魚のすり身の中に玉ねぎのみじん切りが入ったおでん種。

太洋かまぼこ店(板橋区 中板橋) おでん種:ゆず七味ピリ辛揚げ

ゆず七味ピリ辛揚げ
ゆず七味ピリ辛揚げは太洋かまぼこ店オリジナルのおでん種。魚のすり身に爽やかな香りのゆずの皮を刻んで、七味唐辛子と黒ごまと一緒に練りこんだもの。

神茂(中央区日本橋)のおでん種:養老揚

養老揚
いわゆるごぼう天で、神茂(かんも)では養老揚と呼んでいる。すり身の練り物にささがきしたごぼうを混ぜて平たく揚げたおでん種。

九州屋蒲鉾店(荒川区 東尾久)おでん種:横詰

横詰
横詰は魚のすり身に野菜を混ぜたものを油揚げに挟んだおでん種。ふわふわのすり身に入った根昆布、桜エビ、人参などが風味を醸しながらも、全体的には淡白な味付け。

増田屋蒲鉾店(葛飾区 鎌倉) おでん種:やさいあげ

よせ揚
よせ揚は野菜を中心としたさまざまな具材を練り物にすりこんだおでん種。

大国屋(渋谷区 幡ヶ谷)おでん種:利休揚げ

利休揚げ
利休揚げはおでん種では野菜が入った練り物のことを指すことが多い。蒲鉾屋界隈では古くからの使われている名前なのだそうだ

福島屋(港区 麻布十番)おでん種:レンコン

れんこん揚げ
れんこん揚げは魚のすり身にれんこんを混ぜ合わせたおでん種。れんこんを輪切りにしたもの、細かく切ったものなどおでん種やさんによってバリエーションがある。

増田屋(葛飾区立石)のおでん種:ロールキャベツ

ロールキャベツ
西洋の食べ物ながら、おでん種として定着したロールキャベツ。干瓢で巻くなどさまざまな和風アレンジがある。