蒲清のおでん種

蒲清(かませい)は江戸川区小岩駅南口のフラワーロードにあるおでん種専門店だ。明治創業の老舗であり、江戸川区を代表する有名店だ。ドーナツのようなリング状のおでん種を扱うなど、他店にはない魅力がたくさん詰まっている。

小岩地域の生活を支えるフラワーロード

JR小岩駅南口は多くの商店が集まる活気あふれる街だ。
ノスタルジックな雰囲気が漂う小岩サンロード一番街商店会や南小岩昭和通り商店街、そして今回紹介する蒲清があるフラワーロード(小岩フラワーロード商店街、フラワーロード・JR小岩駅南口アーケード美観商店街)の3つの商店街が放射状に延び、それぞれの全長が長い。

東京都江戸川区南小岩 フラワーロード・JR小岩駅南口

中でもフラワーロードは全長が約800mあり、店舗も200を超える江戸川区最大の商店街だ。
フラワーロードは「新栄会」という名で昭和2年(1927年)に発足、約30の店舗から始まり、傘要らずの立派なアーケードは過去に3回リニューアルしている。

東京都江戸川区南小岩:フラワーロード・JR小岩駅南口アーケード美観商店街

商店街の名前の由来となる歩道の花壇には色とりどりの花が植えられており、明るく華やかな印象だ。訪れたときも地元のボランティアらしき人たちが一所懸命に花の手入れをしていた。新旧さまざまな店舗がひしめきあい、活気にあふれている。

明治創業の老舗おでん種専門店、蒲清(かませい)

蒲清(かませい)はフラワーロードの中央付近のビルの1階にある。
蒲清は明治創業の老舗で、100年以上の歴史を誇る。創業当時は両国に店を構えていたが、昭和25年(1950年)に小岩へ移転した。現在は3代目の店主が経営している。

東京都江戸川区南小岩 フラワーロード・JR小岩駅南口アーケード美観商店街:蒲清

入り口は少し狭いが、店内は縦長に広く、奥に厨房がある。訪れた日はおでん種のほかに、小鯵とワカサギの唐揚げを販売していた。おでん種は夕方にはほとんど売れてしまうので、種がひととおり揃う午後1時から2時くらいが狙い目だ。

東京都江戸川区南小岩 フラワーロード・JR小岩駅南口アーケード美観商店街:蒲清

店内には練り物のおでん種がずらっと並んでいた。こちらは左側のショーケースで、隣にもうひとつ並んでいる。ドーナツ状のおでん種が目をひく。

東京都江戸川区南小岩 フラワーロード・JR小岩駅南口アーケード美観商店街:蒲清

左側はこのような感じ。この日は合計で28種類並んでいた。FAX注文用紙に書かれた練り物のおでん種を数えると、店に並ぶ数と同じく28種類。そのほかを含めると全部で46種類だった。

東京都江戸川区南小岩 フラワーロード・JR小岩駅南口アーケード美観商店街:蒲清

一番奥のショーケースには練り物以外のおでん種が並ぶ。大小あるはんぺんは蒲清の手作りだ。魚のすじも手作りだが、他のお店のものに比べると半分くらいの長さに仕上げてある。筆者がすじを買う場合は半分に切ってもらうことが多いのでちょうどよいサイズだ。大根は荏原中延の丸佐かまぼこ店や京成小岩の増田屋蒲鉾店のように、下茹でしたものをあらかじめ出汁に漬けてある。

白滝やこんにゃく、ちくわぶは墨田区の関根食品で、ちくわぶは真空パックのものと生のものの両方が売られている。おでん汁は正田醤油(綾瀬)の液体のもののほかに、小分けした顆粒のものも販売していた。

東京都江戸川区南小岩 フラワーロード・JR小岩駅南口アーケード美観商店街:蒲清

厨房の入り口には木製の看板が掲げられていた。これは小岩に移転したときに蒲鉾の組合から贈られたとのこと。以前は暖簾分けの姉妹店や関係するお店の屋号が入った看板を飾っていたそうだ。

東京都江戸川区南小岩 フラワーロード・JR小岩駅南口アーケード美観商店街:蒲清

おでん種をひととおり購入したところで、店員の方にお話を伺った。最初は店主かと思ったが、蒲清で働く職人の方だそうだ。店主は奥の厨房で調理をされていたが、現在70代で後継ぎはいないそうだ。
「揚げ蒲鉾を作る職人技が引き継がれないのは残念ですね」という筆者の言葉に、店員の方は「職人技というほどじゃないよ」と笑っていた。「はんぺんも手作りなんですね」という言葉には嬉しそうに微笑まれていたので、「はんぺんも高度な技術が必要だと伺ったのですが」と問いかけたのだが、こちらも「そんなにたいしたもんじゃないよ」と笑っていた。

蒲清は糀谷の愛川屋蒲鉾店のように、今も鮮魚を1匹ずつさばいてすり身を作っている。鮮魚を取り扱う苦労やさばく技術、すり身の製造やおでん種を成形する技術などを身につけるには相当な修行が必要だと聞いている。幡ヶ谷の大国屋のおかみさんいわく「一人前になるには10年の修行が必要」とのことなので、おそらくこちらの店員の方も長い修行を積まれてきたことだろう。それにもかかわらず「たいしたことない」と笑う姿がとてもかっこいいと思った。

他店にはない個性的な蒲清のおでん種

蒲清では17種類を購入した。珍しいおでん種ばかりだったので、思わずたくさん買ってしまった。

東京都江戸川区南小岩 フラワーロード・JR小岩駅南口アーケード美観商店街:蒲清のおでん種

時計回りに12時から、はんぺん(大)、いんげん揚、しそ巻き、すじ、うずら卵巻、つみ入れ、カレーボール、たまねぎ揚げ、つくね巻、小柱巻、しいたけ串揚、枝豆揚げ(中央左上)、コーン揚げ(中央上)、ピリ辛もやし揚げ(中央上右)、あげだし(中央右下)、げそ巻(中央左下)。このほかにちくわぶも購入。

東京都江戸川区南小岩 フラワーロード・JR小岩駅南口アーケード美観商店街:蒲清の小鯵唐揚げ

また、小鯵唐揚も購入してみた。小鯵の獲れる時期は夏だそうだが、通年食べられるわけではないし、筆者の好物でもあるので思わず手が伸びた。
表面はサクサクしながらも、肉はふんわりしていて香りもよく、頭と尾はとても香ばしい。日本酒か焼酎が欲しくなる最高のおつまみだ。

東京都江戸川区南小岩 フラワーロード・JR小岩駅南口アーケード美観商店街:蒲清のおでん

いつものように大根と玉子、ちくわぶや白滝を下茹でしたあとに練り物のおでん種を投入して完成。はんぺんは最後に入れて温める程度にする。

東京都江戸川区南小岩 フラワーロード・JR小岩駅南口アーケード美観商店街:蒲清のおでん種

蒲清の練り物は塩味だけでなく魚のすり身の旨味がよく出ていて、風味がとてもよい。弾力はほどよくありつつも絶妙ななめらかさだ。

しそ巻きは練り物に巻いた青じそが彩りよい。練り物の中にもぐるりと巻いた青じそが入っていて香りもよい。
たまねぎ揚げはサクサク感を残しながらも甘くとろりとした刻み玉ねぎが入っている。
はんぺんはきめ細やかでほどよく口の中で溶けるが、きちんと弾力を残していて手作りならでは美味しさだ。

東京都江戸川区南小岩 フラワーロード・JR小岩駅南口アーケード美観商店街:蒲清のおでん種 あげだし

あげだしは名前と見た目で豆腐のように思えるが、ふわっと軽い魚のすり身の印象だ。人参、ごぼう、玉ねぎ、きくらげ、枝豆などさまざまな種類の具材が練りこまれている。他店では見たことのないおでん種だ。

東京都江戸川区南小岩 フラワーロード・JR小岩駅南口アーケード美観商店街:蒲清のおでん種

いんげん揚は丸ごとのいんげんが何本も入っている。いんげんの心地よい噛み心地と瑞々しい風味が初夏の訪れを感じさせる。
うずら卵巻はうずらをすべて包み込んだ形状で、丸っこい形が可愛らしい。定番の優しい味わいだ。
カレーボールは他店では見られない珍しい風貌をしている。焼売のように白くてふわっとした衣がカレーボールのまわりに絡みついている。通常のムニムニとしたカレーボールの食感とは異なり、衣がふやけてふわふわの食感が楽しめる。カレー粉は辛味を効かせていて本格的な味わいだ。

東京都江戸川区南小岩 フラワーロード・JR小岩駅南口アーケード美観商店街:蒲清のおでん種 ピリ辛もやし揚げ

ピリ辛もやし揚げに使っているのは豆もやし。黒ごまとしっかり辛い唐辛子があいまって、辛党にはおすすめのおでん種だ。それにしても、このリングの形状は他店では見られないもので、今のところ東京おでんだねの調査では蒲清だけに存在するものだ。蒲清オリジナルのものなのか、創業前に修行したお店で学んだものなのか想像がふくらむ。暖簾分けの系譜など、いろいろと調べてみたくなる。

東京都江戸川区南小岩 フラワーロード・JR小岩駅南口アーケード美観商店街:蒲清のおでん種

げそ巻は噛めば噛むほどイカの旨味が滲み出る定番の美味しさ。すじとつみ入れは柔らかめの食感ながら、魚の旨味がしっかりしている。

東京都江戸川区南小岩 フラワーロード・JR小岩駅南口アーケード美観商店街:蒲清のおでん種 小柱巻

こちらは具材としては初見となる小柱が入った小柱巻。小柱の貝の旨味と練り物が優しく融合していて、とても美味しい。

東京都江戸川区南小岩 フラワーロード・JR小岩駅南口アーケード美観商店街:蒲清のおでん種

コーン揚げと枝豆揚げもドーナツのようなリング状のおでん種だ。たしかに平たい小判状のおでん種は何枚も食べていると飽きてくるので、リング状のほうが新鮮に食べ続けられるのかもしれない。
しいたけ串揚は傘の裏側に練り物を詰め込んでいる。椎茸ひとつひとつは小振りで食べやすく、ぎゅっと詰まった椎茸の風味を堪能できる。

東京都江戸川区南小岩 フラワーロード・JR小岩駅南口アーケード美観商店街:蒲清のおでん種 つくね巻

つくね巻は玉ねぎを混ぜた挽肉に魚のすり身を巻いたもの。挽肉に調味料を加えているのだろうか、なんともいえないかぐわしい風味がして美味しい。

東京都江戸川区南小岩 フラワーロード・JR小岩駅南口アーケード美観商店街:蒲清

蒲清は訪れるお客さんも多く、賑やかな商店街にあるおでん種やさんなので安泰だと思っていたのだが、お話を聞いてみると他の店と同じように後継者などの課題を抱えている。「蒲清」という屋号はほかでは存在しないし、揃えるおでん種も個性的なものばかりで、おでん種やさんの歴史を紐解くうえでもかなり貴重な存在だ。そしてなにより、笑顔が素敵な職人さんがいらっしゃる。この素晴らしいおでん種やさんがいつまでも残っていてほしいと思うが、私たちはあとどれくらいこの味を楽しめるのだろうか。おでんを通して作り手とお客さんが笑顔になり、喜びと幸せがいつまでも続くことを願ってやまない。

蒲清の基本情報

蒲清
〒133-0056 東京都江戸川区南小岩6-27−13
03-3657-4022
定休日:日曜
営業時間:10:00~18:00
蒲清のWebサイト(フラワーロード・JR小岩駅南口アーケード美観商店街のWebサイト)

Scroll to top